第10回SPH同窓会サロンを開催します

被災地の公衆衛生を考える

—避難所運営ゲーム(HUG)によるシミュレーション—

 東日本大震災の発災から5年が経過しました。多くのSPH卒業生が、震災直後から様々な活動に携わってまいりました。現在も引き続き実施されているプロジェクトも複数あります。本年は熊本での震災・台風による被害もあり、改めて災害に対する事前の準備・知識・心構えの重要性が否応なく心に刻まれる年となりました。

 自然災害は誰の上にも起こりうる事態であり、専門職である私たち自身が被災し、家族を含めて被災者になる可能性は決して否定できません。期せずして避難所での生活を余儀なくされるかもしれません。避難所における生活には言うまでもなく多くの制約があることから、糧食の不足・未整備のインフラ・精神的なストレスなど多くの問題を惹起する可能性があります。そんなシチュエーションに対応する知識や考え方を学ぶ機会としたいと思います。専門職として避難所に派遣されるとき、自分自身が被災したときのために、ぜひご参加下さい。

お申し込み〆切:済

■講師
・ 日野宗門さん(総務省消防庁消防大学校 客員教授)■机上演習
・ 避難所運営ゲームHUG(静岡県)

■第10回SPH同窓会サロン 概要
主題:「被災地の公衆衛生を考える」
日時:2016年10月8日(土) 14:00〜17:30
会場:東京大学 本郷キャンパス 医学部教育研究棟13階SPH講義室
会費:
・無料(東大・京大SPH現役学生および同窓会員)
・500円(上記以外の方・同窓会非会員の方)プログラム:・講演ならびに演習・東大SPH総会(東大SPH同窓会員対象)※詳細のアップデートがあった場合は随時こちらのページでご案内します。■懇親会(予定)
日時:2016年10月8日(土) 18:00〜20:00
会場:和たん酒みやび 本郷店(会費:3500円)■申込演習については資源の関係で30名程度までは、参加いただけますが、それ以上のお申し込みがあった場合は、見学になる可能性があります。30名以上の申し込みがあった場合はこの欄にてその旨おしらせします。

多数のお申し込みをいただきました関係で、10/2(SUN)以降のお申し込みにつきましては、HUG演習および懇親会について事務局で人数調整の上、申し込みの控えメールとは別にご連絡いたします。


多数のお申し込みありがとうございました。