第13回SPHサロンを開催しました

2018年10月6日(土)、第13回SPHサロンを開催しました。

「プログラムデザインとファシリテーション:入門編」と題した今回のサロンは、『プロのファシリテーションを受けながら、ファシリテーションについて学んだ』(参加者談)貴重な時間となりました。

講師の先生曰く、普段は丸一日使うテーマとのことでしたが、『全体的に考え抜かれたプログラム構成に感激した』といった声が参加者より多数聞かれました。

東大SPH、京大SPHの在学生・修了生のみならず、学外の方にも多数ご参加いただきました。ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

 

第13回SPHサロン「プログラムデザインとファシリテーション:入門編」

■講師
浦山絵里さん(ひとづくり工房esuco(ゑすこ)代表)

■内容
テーマに関する講義と体験ワーク、振り返りとディスカッション


第13回SPH同窓会サロン・同窓会総会 開催のお知らせ

総会併催・第13回SPH同窓会サロン

「プログラムデザインとファシリテーション:入門編」

ファシリテーションとは、人々の活動が容易にできるよう支援し、うまくことが運ぶよう舵取りすることです。集団による問題解決、アイデア創造、教育、学習等、あらゆる知識創造活動を支援し促進していく働きを意味します。

様々な場面での活躍が期待される公衆衛生の専門家には、専門家同士での研究活動のみならず、非専門家に対する教育的活動をおこなうスキルや、多様な職種の関わる調査研究の舵取りをおこなうスキルも求められるでしょう。

基本的なプログラムデザインとファシリテーションスキルには、専門的な教育場面や非専門家を対象とした健康教育活動など様々な現場に活かすことができる汎用性が存在します。サロンを通じて、知識を与えるだけのようなプログラムから脱却するヒントを学びませんか?

SPH卒業生に限らず、興味のある実務者・学生さんの参加をおまちしております。一般の方の参加も大歓迎です。

日程:2018年10月6日(土)14:00-18:00(終了後、会場近辺で2時間程度の懇親会を予定しております)

会場:東京大学本郷キャンパス 医学部教育研究棟2F 第1・2セミナー室

講師:浦山絵里さん(ひとづくり工房esuco(ゑすこ)代表)

会費 500円(東大・京大SPH同窓会員は無料)

 

サロン終了後、下記のお店にて懇親会を予定しております。

炙り酒場縁(お一人4000円程度)

https://www.hotpepper.jp/strJ001053810/map/?vos=nhppalsa000013

 

皆様のご参加お待ちしております!

予約の都合上、懇親会をお申し込みの方のキャンセルは9月28日までにお知らせください。以降は実費を申し受けます。

 

多数のお申し込みありがとうございました。受付を終了いたしました。

参加された方はアンケートへのご協力をお願いいたします。

本日は SPH 同窓会サロンにご参加頂きまして誠にありがとうございました。東大 SPH 同窓会と致し ましては、今後も SPHネットワークの維持・拡大のために同窓会サロンを企画・運営していきたいと考 えます。今後の参考にアンケートにご協力頂けますと幸いです。

1 サロンに参加してみていかがでしたか。
とても満足やや満足どちらともいえないやや不満とても不満

2 本日の内容は理解しやすかったですか。
とても理解しやすかった概ね理解しやすかったどちらともいえないやや理解しにくかったとても理解しにくかった

3 本日の内容は今後の仕事や研究などに役に立ちますか。
とても役に立つやや役に立つどちらともいえないあまり役に立たない全く役に立たない

4 本日のサロンについてご感想がありましたらお書きください

5 今後の SPH サロンで取り上げてほしいテーマ、企画、スピーカーなどお書きください

6 同窓会のイベントへ参加する場合、ご都合のよい日時はいつですか
平日夜間土曜日日曜・祝祭日いつでもよい

7 今まで SPH サロンに参加したことがありますか
初めて2回目3回以上

8 ご意見、ご感想ありましたらお書きください(東大 SPH 同窓会自体へのご意見も含む)

サロンへの参加およびアンケートへのご協力誠にありがとうございました。本アンケート結果は、SPH同窓会 HP 上(http://www.utsph.jp/)に後日掲載予定です。


第12回SPHサロンを開催しました

テーマ:「未来を見据えるAdvance Care Planning:もしばなで人の最期について考える」
講師:蔵本浩一先生(亀田総合病院疼痛緩和ケア科医師,一般社団法人iACP共同代表)
参加者:28名(東大SPH17名、京大SPH3名、その他8名。職種では医療専門職が2/3程度を占めていました。

内容は事前指示書、Advanced Care Planningについての理解を深めるためのdiscussion, workshopでした。
まず、蔵本先生が開発された『もしばなゲーム』と事前指示書やACPの概念を解説してもらって、実際にゲームを行いました。
ゲームをとおして、各個人の価値観の違いやゲーム自体の侵襲性について共有しました

その後は症例を用いて、人生の最終段階における意思決定についての解説ならびに議論を行いました。
受講生間での活発な議論があり、蔵本先生からのコメントを多々いただき学びの多いサロンとなりました。
その後は、会場近くにて懇親会を開催し、講師もまじえて情報共有が進みました。
参加されたみなさま、スタッフのみなさまお疲れさまでした。

次回の秋のサロンも鋭意準備中です。


五月祭企画報告ー「命・健康の守り人-何百万人もの人々と向き合う-」

 5/19(土)の東京大学五月祭にて、学部生や一般の方を対象とした公衆衛生の紹介企画を実施いたし ました。以下、当日実施したアンケートの集計結果(来場者約100名のうち57名が回答)を公表いたし ます。たくさんのご来場ありがとうございました。

下記の画像ファイルからPDFをご覧ください。

来年度以降の実施についても検討しております。

 


第12回SPHサロン開催のお知らせ

第12回SPH同窓会サロン

「未来を見据えるAdvance Care Planning:もしばなで人の最期について考える」

我が国において終活という言葉はすでに定着した感があります。人の最期は、生物学的な活動の終焉であるだけでなく、社会的な意味も大きいことから、関心の高い分野です。その訪れは緩徐なこともあれば、突発的なこともあります。そしてその時期は実に多様と言えます。

公衆衛生の実務家も多い当会の会員にも関心の高いテーマであると思われるますので、今回のサロンのテーマとして取り上げました。今回のサロンでは、もしばなゲームを通じた対話とゲームの背景から、専門職として人の最期に関する理解を深める機会となれば幸いです。

 

日程:2018年5月26日(土)13:00

会場:東京大学本郷キャンパス 医学部教育研究棟13F セミナー室

講師:蔵本浩一さん(iACP、亀田総合病院)

内容:

 

・「もしバナゲーム」体験とACPの概念や、周辺知識の共有

・動画を用いたグループワーク(当日の状況によってはキャンセルの可能性あり)

  参考URL: https://www.i-acp.org

会費:会員および京大SPH同窓会員 無料、 その他の方 500円(消耗品実費相当額)

 

事前準備のため、ご参加いただける方は事前のお申し込みにご協力ください。また、当日終了後に会場近辺で2時間程度の懇親会を予定しております。詳細は本ページを随時updateいたしますが、こちらもぜひご参加ください。


お申し込みフォーム

多数のお申し込みをいただき、ありがとうございました。

お申し込みは会場のキャパシティの都合で締め切らせていただきました。

ご連絡等は、同窓会事務局まで電子メールにてお願いいたします。